香川の胸中は? 元同僚エルナンデスがレアルCL4強へ決勝弾

公開日: 更新日:

 レアル・マドリードが欧州チャンピオンズリーグ(CL)4強入りを決めるゴールを叩き込んだのは、日本代表MF香川の“冷や飯”食らい仲間だった。メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスである。

 レアルとアトレチコとのマドリード対決となったCL準々決勝第2レグ(日本時間23日早朝キックオフ)。後半43分にレアルFWのC・ロナウドが、FWハメス・ロドリゲスとのパス交換で右サイドを突破。相手PA内でDFに引っ張られ、体勢を崩しながらも右足アウトでパス。その先にいたエルナンデスが右足を振り抜くと、ボールはゴールネットを揺らし、これがレアル4強入りの決勝ゴールとなった。

 エルナンデスは14年9月、当時所属のマンチェスターUで出番が激減し、レアルにレンタル移籍した。選手層の厚いレアルでもベンチを温めることが多かったが、それでも地元の宿敵相手に値千金ゴールで鬱憤晴らしである。

 エルナンデスとともにマンUで冷や飯を食らっていた香川は、14年8月に古巣ドルトムントに復帰したが、まだ大きなインパクトを残せないでいる。

 エルナンデスの活躍を香川が見たとしたら、いったいどんな心境だったのだろう…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る