香川真司にさらなる厄難 スポンサーが「背番号10」剥奪意向

公開日:  更新日:

 アジア杯の準々決勝UAE戦。1―1からPK戦にもつれ、先攻の日本は1番手のFW本田圭佑(28)が大フカシ。6番手のMF香川真司が左ポストに当て、日本代表の5大会ぶりの準々決勝敗退が決まった。

 試合後の“戦犯”の表情は対照的だった。いつものポーカーフェースを崩さず、淡々とメディアに対応する本田。消え入るような声で「まだ足りないものがある。それが精神力なのか、何なのかは分からないけど……」と話す香川。泣きはらした目は真っ赤だった。

「香川はミスをいつまでも引きずるタイプ。チームメートは本田のメンタルの強さ、香川の弱さを知っているので香川の周りに集まり、頭をナデナデしながら慰めた。香川は、所属するドルトムントでも本領を発揮できないでいる。今季前半戦の終盤3試合で先発から外れたように現在の立場は完全にベンチ要員です」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る