• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トゥヘル氏と香川の相性は? ドルトムント監督交代の“吉凶”

 独ブンデスリーガ1部ドルトムントの新監督に“親日家”の就任が19日に正式発表された。日本代表FW岡崎慎司(29)が所属するマインツで昨季まで指揮を執っていたトーマス・トゥヘル氏(41)である。

 09年から14年までマインツを率い、10―11年シーズンはクラブ最高位の5位に躍進。欧州リーグ(EL)に出場した。昨季はシュツットガルトでくすぶっていた岡崎を獲得し1トップで起用、欧州主要リーグ日本人年間最多得点となる15点を挙げるストライカーに覚醒させたことでも知られている。

 そのトゥヘル氏が日本代表MF香川真司(26)がプレーするドルトムントの新指揮官になる。7月1日から3年契約だ。この監督交代、果たして香川にとってプラスなのか?

 トゥヘル氏は岡崎の相手ボール時のプレッシングや守備に奔走する献身性、90分間途切れなく動き回る集中力の維持、戦術理解度の高さ、規律を重んじる点などを評価した。日本人選手には好印象を持っており、これらは香川にとってプラス材料だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

もっと見る