日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恩師クロップ退団決定で現実味帯びる香川真司の「J復帰」

 12年6月に移籍した英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで失意の2年を過ごした日本代表MF香川真司(26)が、14年8月に古巣ドルトムントへの復帰を決めたのは、相思相愛の指揮官がいたからである。

 香川が初めて海外に飛び出し、10年7月に加入したドルトムントで活躍できたのは、すべてはクロップ監督のおかげである。「シンジは中盤の真ん中で生きる」と高く評価。守備などを免除して自由を与えることで香川の能力を引き出した。

 マンU時代にはサイドやボランチでプレーさせられ、ベンチを温めることも多かったが、「シンジが左サイドとは! 心が張り裂け、涙があふれてくる」と温情コメントを発していた恩師クロップの下、香川は再生を図り、かつての輝きを取り戻すハズ……だった。

 ところが15日、クロップ監督が緊急記者会見を開き、今シーズン限りで退団することを明かしたのだ。後任は14年5月までドイツ1部マインツを率いていたトゥヘル監督に内定していると地元紙が報じている。マインツといえば、香川の日本代表のチームメートFW岡崎慎司(28)が所属しているクラブ。親日家で知られるトゥヘル監督と香川はうまくやっていけるだろうが、トゥヘルは現役ドイツ代表MFケディラ(レアル・マドリード所属)を引き入れようと画策中。そうなると香川は、はじき飛ばされてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事