「覚悟と我慢必要」 4番大田バッサリの巨人原監督にOB苦言

公開日: 更新日:

 これじゃあ、選手はたまらない。「新成」を掲げる巨人の原辰徳監督(56)が、自ら「新4番」にと期待を寄せる大田泰示(24)に痛烈なダメ出しである。

 大田はキャンプ中の実戦で出場した全8試合で4番を務め、32打数13安打、打率・406、1本塁打、8打点の好成績。これに誰よりも喜んでいたのが原監督で、キャンプ前には「非常に有望な選手になった。彼の持っているスピード、肩の強さ、動きの躍動感は、なかなか日本球界にはない」とまで言っていた。

 それが、週末のオープン戦2試合で7打数1安打、打点0に終わると、指揮官は3番・亀井、5番・セペダとともに「クリーンアップが全く機能してない」と苦言を呈し、特に4番の大田には「バッティングカウントで8~9割くらい芯で当てる技術、精神力が欲しい。相手投手が苦しんでいる時に、助けてしまうような打撃では、クリーンアップにふさわしくない」とバッサリやったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る