広岡達朗氏が苦言 「巨人選手のタガが緩むのは原監督の責任」

公開日: 更新日:

 巨人が迷走している。開幕からわずか7試合で一塁コンバートした阿部(36)が捕手に復帰。相川(38)が故障した「緊急事態」と言うが、開幕前の原監督(56)の「(捕手に戻すことは)99%ない」という言葉はどこへいったのか。

 その阿部も捕手復帰11試合目に肉離れで離脱。野球以外のところでは沢村(27)のモヒカンの髪形が話題になるなど、タガが緩み始めている。それは通算12年目を迎えた原監督の長期政権の弊害ではないのか。くしくも、原監督がインフルエンザで休養中、監督代行を任された川相ヘッドコーチ(50)が4勝1敗と結果を残した。後任候補はフロントが「次期監督候補」と公言するOBの松井秀喜氏(40)がいるが、指導経験ゼロで手腕は未知数。川相ヘッドの昇格という選択肢はどうなのか。巨人OBの広岡達朗氏(83)が古巣へ直言する。

 阿部の一塁コンバートについては1月に日刊ゲンダイで「反対だ」と話したように、捕手で勝負してダメなら潔くユニホームを脱ぐべきと考えていました。しかも原監督は「99%ない」と言っておいて開幕早々に捕手に戻すんだから、朝令暮改もいいところ。話になりません。その阿部も、捕手に戻った途端に肉離れを起こして離脱している。朝令暮改による準備不足という事情があるにせよ、開幕直後に休むなんてファンに失礼です。阿部のプレーを見に球場へ来る人がいるんですから。私ならもう、「40歳手前までよう頑張った。引退して指導者をやれ」と言います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る