広岡達朗氏が苦言 「巨人選手のタガが緩むのは原監督の責任」

公開日:  更新日:

 巨人が迷走している。開幕からわずか7試合で一塁コンバートした阿部(36)が捕手に復帰。相川(38)が故障した「緊急事態」と言うが、開幕前の原監督(56)の「(捕手に戻すことは)99%ない」という言葉はどこへいったのか。

 その阿部も捕手復帰11試合目に肉離れで離脱。野球以外のところでは沢村(27)のモヒカンの髪形が話題になるなど、タガが緩み始めている。それは通算12年目を迎えた原監督の長期政権の弊害ではないのか。くしくも、原監督がインフルエンザで休養中、監督代行を任された川相ヘッドコーチ(50)が4勝1敗と結果を残した。後任候補はフロントが「次期監督候補」と公言するOBの松井秀喜氏(40)がいるが、指導経験ゼロで手腕は未知数。川相ヘッドの昇格という選択肢はどうなのか。巨人OBの広岡達朗氏(83)が古巣へ直言する。

 阿部の一塁コンバートについては1月に日刊ゲンダイで「反対だ」と話したように、捕手で勝負してダメなら潔くユニホームを脱ぐべきと考えていました。しかも原監督は「99%ない」と言っておいて開幕早々に捕手に戻すんだから、朝令暮改もいいところ。話になりません。その阿部も、捕手に戻った途端に肉離れを起こして離脱している。朝令暮改による準備不足という事情があるにせよ、開幕直後に休むなんてファンに失礼です。阿部のプレーを見に球場へ来る人がいるんですから。私ならもう、「40歳手前までよう頑張った。引退して指導者をやれ」と言います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る