広岡達朗氏が苦言 「巨人選手のタガが緩むのは原監督の責任」

公開日: 更新日:

 巨人が迷走している。開幕からわずか7試合で一塁コンバートした阿部(36)が捕手に復帰。相川(38)が故障した「緊急事態」と言うが、開幕前の原監督(56)の「(捕手に戻すことは)99%ない」という言葉はどこへいったのか。

 その阿部も捕手復帰11試合目に肉離れで離脱。野球以外のところでは沢村(27)のモヒカンの髪形が話題になるなど、タガが緩み始めている。それは通算12年目を迎えた原監督の長期政権の弊害ではないのか。くしくも、原監督がインフルエンザで休養中、監督代行を任された川相ヘッドコーチ(50)が4勝1敗と結果を残した。後任候補はフロントが「次期監督候補」と公言するOBの松井秀喜氏(40)がいるが、指導経験ゼロで手腕は未知数。川相ヘッドの昇格という選択肢はどうなのか。巨人OBの広岡達朗氏(83)が古巣へ直言する。

 阿部の一塁コンバートについては1月に日刊ゲンダイで「反対だ」と話したように、捕手で勝負してダメなら潔くユニホームを脱ぐべきと考えていました。しかも原監督は「99%ない」と言っておいて開幕早々に捕手に戻すんだから、朝令暮改もいいところ。話になりません。その阿部も、捕手に戻った途端に肉離れを起こして離脱している。朝令暮改による準備不足という事情があるにせよ、開幕直後に休むなんてファンに失礼です。阿部のプレーを見に球場へ来る人がいるんですから。私ならもう、「40歳手前までよう頑張った。引退して指導者をやれ」と言います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る