• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安定感抜群 1安打完封のバリントンはオリ唯一の“優良債権”

「みなさんが点を取ってくれたので最高の気分」

 オリックスのバリントン(34)が29日の楽天戦で1安打完封勝利を挙げた。

 安定感は抜群だ。広島から移籍した今季、2勝1敗ながら防御率は1.29。広島時代の4年間で通算40勝をマークした実力はダテじゃない。

「セと比べてパは打者がガンガン振ってくるし、球場も全体的に広い。しかも今年はストライクゾーンが広くなったといわれる。打たせて取る投球が持ち味のバリントンにとってすべてが追い風になっている。本人も『オリックスは広島よりも外国人選手の待遇がいい』と喜んでいます」(在阪マスコミ関係者)

 今季のオリックスは大型補強を敢行も、中島やブランコら新戦力が軒並み故障や不振に陥っている。大金をかけ獲得した選手で胸を張れる成績を残しているのは、年俸1億5000万円のバリントンだけ。

 誰よりフロントがホッとしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る