安定感抜群 1安打完封のバリントンはオリ唯一の“優良債権”

公開日:  更新日:

「みなさんが点を取ってくれたので最高の気分」

 オリックスのバリントン(34)が29日の楽天戦で1安打完封勝利を挙げた。

 安定感は抜群だ。広島から移籍した今季、2勝1敗ながら防御率は1.29。広島時代の4年間で通算40勝をマークした実力はダテじゃない。

「セと比べてパは打者がガンガン振ってくるし、球場も全体的に広い。しかも今年はストライクゾーンが広くなったといわれる。打たせて取る投球が持ち味のバリントンにとってすべてが追い風になっている。本人も『オリックスは広島よりも外国人選手の待遇がいい』と喜んでいます」(在阪マスコミ関係者)

 今季のオリックスは大型補強を敢行も、中島やブランコら新戦力が軒並み故障や不振に陥っている。大金をかけ獲得した選手で胸を張れる成績を残しているのは、年俸1億5000万円のバリントンだけ。

 誰よりフロントがホッとしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る