連敗6で止める決勝打も オリ小谷野は「居場所ない日々」続く

公開日: 更新日:

 オリックスの球団関係者によれば、最近は試合を極力、見ないようにしているとか。勝っていても、当たり前のようにひっくり返される。見ていると「思わず吐きそうになることもある」そうだ。

 そんな人たちの留飲を少しだけ下げたのが小谷野栄一(34)だ。16日の対ソフトバンク戦。同点で迎えた五回2死一、二塁から、東浜のカーブを中前に運び、二塁走者の糸井を迎え入れた。これが勝ち越しの決勝打となり、オリックスは連敗を「6」で止めた。

「絶対、自分に回ってこいと、逆転しようと思ってましたから。チームもそうですけど、ボク自身、なかなか結果を出せていなかったので……」

 試合後、お立ち台に立った本人がこう言うのももっともか。

 オフに日本ハムからFA移籍。古巣でダウン査定だった7000万円の年俸は3年3億円までハネ上がった。30億円補強の目玉のひとりでありながら、試合開始前の打率は1割8分6厘。打つ方がサッパリなら、去る3日の日本ハム戦では、三塁手として決勝の適時失策。観戦に訪れた宮内オーナーから「まったくダメだね。もっと頭を使わないといかんなぁ。ファンブルしたら投げたらダメ」と、思い切りダメ出しされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る