連敗6で止める決勝打も オリ小谷野は「居場所ない日々」続く

公開日:  更新日:

 オリックスの球団関係者によれば、最近は試合を極力、見ないようにしているとか。勝っていても、当たり前のようにひっくり返される。見ていると「思わず吐きそうになることもある」そうだ。

 そんな人たちの留飲を少しだけ下げたのが小谷野栄一(34)だ。16日の対ソフトバンク戦。同点で迎えた五回2死一、二塁から、東浜のカーブを中前に運び、二塁走者の糸井を迎え入れた。これが勝ち越しの決勝打となり、オリックスは連敗を「6」で止めた。

「絶対、自分に回ってこいと、逆転しようと思ってましたから。チームもそうですけど、ボク自身、なかなか結果を出せていなかったので……」

 試合後、お立ち台に立った本人がこう言うのももっともか。

 オフに日本ハムからFA移籍。古巣でダウン査定だった7000万円の年俸は3年3億円までハネ上がった。30億円補強の目玉のひとりでありながら、試合開始前の打率は1割8分6厘。打つ方がサッパリなら、去る3日の日本ハム戦では、三塁手として決勝の適時失策。観戦に訪れた宮内オーナーから「まったくダメだね。もっと頭を使わないといかんなぁ。ファンブルしたら投げたらダメ」と、思い切りダメ出しされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る