連敗6で止める決勝打も オリ小谷野は「居場所ない日々」続く

公開日:  更新日:

 オリックスの球団関係者によれば、最近は試合を極力、見ないようにしているとか。勝っていても、当たり前のようにひっくり返される。見ていると「思わず吐きそうになることもある」そうだ。

 そんな人たちの留飲を少しだけ下げたのが小谷野栄一(34)だ。16日の対ソフトバンク戦。同点で迎えた五回2死一、二塁から、東浜のカーブを中前に運び、二塁走者の糸井を迎え入れた。これが勝ち越しの決勝打となり、オリックスは連敗を「6」で止めた。

「絶対、自分に回ってこいと、逆転しようと思ってましたから。チームもそうですけど、ボク自身、なかなか結果を出せていなかったので……」

 試合後、お立ち台に立った本人がこう言うのももっともか。

 オフに日本ハムからFA移籍。古巣でダウン査定だった7000万円の年俸は3年3億円までハネ上がった。30億円補強の目玉のひとりでありながら、試合開始前の打率は1割8分6厘。打つ方がサッパリなら、去る3日の日本ハム戦では、三塁手として決勝の適時失策。観戦に訪れた宮内オーナーから「まったくダメだね。もっと頭を使わないといかんなぁ。ファンブルしたら投げたらダメ」と、思い切りダメ出しされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る