• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗6で止める決勝打も オリ小谷野は「居場所ない日々」続く

 オリックスの球団関係者によれば、最近は試合を極力、見ないようにしているとか。勝っていても、当たり前のようにひっくり返される。見ていると「思わず吐きそうになることもある」そうだ。

 そんな人たちの留飲を少しだけ下げたのが小谷野栄一(34)だ。16日の対ソフトバンク戦。同点で迎えた五回2死一、二塁から、東浜のカーブを中前に運び、二塁走者の糸井を迎え入れた。これが勝ち越しの決勝打となり、オリックスは連敗を「6」で止めた。

「絶対、自分に回ってこいと、逆転しようと思ってましたから。チームもそうですけど、ボク自身、なかなか結果を出せていなかったので……」

 試合後、お立ち台に立った本人がこう言うのももっともか。

 オフに日本ハムからFA移籍。古巣でダウン査定だった7000万円の年俸は3年3億円までハネ上がった。30億円補強の目玉のひとりでありながら、試合開始前の打率は1割8分6厘。打つ方がサッパリなら、去る3日の日本ハム戦では、三塁手として決勝の適時失策。観戦に訪れた宮内オーナーから「まったくダメだね。もっと頭を使わないといかんなぁ。ファンブルしたら投げたらダメ」と、思い切りダメ出しされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る