• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ最速20勝も…DeNAの浮沈握る中畑監督の“リップサービス”

 DeNAが今季2度目の5連勝でリーグ最速の20勝到達。中畑監督も「ナイスゲーム! 良過ぎるんじゃないの? 本当にビックリするわ」と、興奮を隠し切れなかった。

 GW9連戦は7勝2敗。20勝到達一番乗りは実に37年ぶり。絶好調のDeNAだが、今季のセは6球団が5.5ゲーム差にひしめく混戦だけに、予断を許さない。悲願の優勝に向けて突き進むには、中畑監督の“言動”がポイントになるかもしれない。

 この指揮官は勝てば大喜びし、負けても常に前向きである一方、選手に対しては時に厳しく、マスコミを通じて批判することもある。これが裏目に出たのが4月12日の中日戦。中継ぎの加賀がルナにサヨナラ打を浴びたことについて中畑監督は「ものすごく反省しないといけない。目的のないボールだった」と吐き捨てた。

 打たれた加賀にも責任はあるとはいえ、加賀はリリーフとしてその試合まで6試合に登板。3ホールドを挙げ、自責点はわずか1。チームは開幕から先発がパッとせず、加賀らリリーフ陣がチームを支え続けていたから、「好投してきたリリーフ投手を責めれば、投手全体のモチベーションに影響しかねない」との声もチーム内にはあった。くしくもチームはサヨナラ負けを喫した試合から7連敗している。

 中畑監督から的外れな選手批判が出なくなった時、DeNAはさらに手ごわくなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る