• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ最速20勝も…DeNAの浮沈握る中畑監督の“リップサービス”

 DeNAが今季2度目の5連勝でリーグ最速の20勝到達。中畑監督も「ナイスゲーム! 良過ぎるんじゃないの? 本当にビックリするわ」と、興奮を隠し切れなかった。

 GW9連戦は7勝2敗。20勝到達一番乗りは実に37年ぶり。絶好調のDeNAだが、今季のセは6球団が5.5ゲーム差にひしめく混戦だけに、予断を許さない。悲願の優勝に向けて突き進むには、中畑監督の“言動”がポイントになるかもしれない。

 この指揮官は勝てば大喜びし、負けても常に前向きである一方、選手に対しては時に厳しく、マスコミを通じて批判することもある。これが裏目に出たのが4月12日の中日戦。中継ぎの加賀がルナにサヨナラ打を浴びたことについて中畑監督は「ものすごく反省しないといけない。目的のないボールだった」と吐き捨てた。

 打たれた加賀にも責任はあるとはいえ、加賀はリリーフとしてその試合まで6試合に登板。3ホールドを挙げ、自責点はわずか1。チームは開幕から先発がパッとせず、加賀らリリーフ陣がチームを支え続けていたから、「好投してきたリリーフ投手を責めれば、投手全体のモチベーションに影響しかねない」との声もチーム内にはあった。くしくもチームはサヨナラ負けを喫した試合から7連敗している。

 中畑監督から的外れな選手批判が出なくなった時、DeNAはさらに手ごわくなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る