• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7連敗後に4連勝 DeNAに“一筋の光”照らした「投手陣」

「一番欲しいときにしっかり答えを出してくれた」

 26日の中日戦。DeNAの中畑監督が喜色満面で振り返ったのが、3-3の同点で迎えた六回だった。1死二塁から3番の梶谷、4番の筒香が連続適時二塁打。中軸の活躍で試合をひっくり返し、これで7連敗後の連勝を4に伸ばした。

「逆転で勝ちをつくる、これこそチーム力!」

 指揮官はいつも以上にご機嫌だったが、この日の本当の勝因は投手陣だろう。

 2回3失点でKOされた先発・高崎の後を受けた4投手が三回以降を無失点に抑える好投。特に2番手の小杉が3回1安打3奪三振と完璧な投球で試合の流れを引き寄せた。今季はこれで6試合に登板し、10イニング1失点。抜群の安定感に、「彼が投げるとチームの雰囲気が変わる。先発で使いたいなぁー」と中畑監督も絶賛だった。

 4連勝で貯金を1としたDeNAの課題は一にも二にも投手力。リーグ5位のチーム防御率3.90を改善してこそ上が見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る