• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無失点守護神の楽天・松井裕がわずか6セーブの“異常事態”

「好投を続けているとはいえ、ちょっと可哀想じゃないか」

 楽天の守護神・松井裕樹(19)に対して周囲からこんな声が高まっている。防御率0.00にもかかわらず、思うように「セーブ数」が伸びないからだ。

 松井裕は春季キャンプで大久保監督から抑えに抜擢されると、開幕戦から無失点を継続。昨6日の日本ハム戦でも九回に登板し、打者3人をピシャリと抑え、無失点試合を「11」に伸ばした。が、この日も5点リードの場面での登板だったため、セーブ数は「6」のまま。

「無失点守護神」にもかかわらず登板試合の約半数でセーブが付かないという異常事態に見舞われているのだ。

 楽天は現在リーグ5位に低迷。加えて、今季のチームは僅差で終盤を迎える試合が極端に少ない。直近10試合を見ても、九回までに3点以内のリードで迎えた試合は今月4日の日ハム戦だけ。4月19日から5月1日に至っては、チームが九回までに大勝、または相手にリードを許す試合が続いたため、松井裕はケガでもないのに約2週間も登板機会に恵まれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る