無失点守護神の楽天・松井裕がわずか6セーブの“異常事態”

公開日:  更新日:

「好投を続けているとはいえ、ちょっと可哀想じゃないか」

 楽天の守護神・松井裕樹(19)に対して周囲からこんな声が高まっている。防御率0.00にもかかわらず、思うように「セーブ数」が伸びないからだ。

 松井裕は春季キャンプで大久保監督から抑えに抜擢されると、開幕戦から無失点を継続。昨6日の日本ハム戦でも九回に登板し、打者3人をピシャリと抑え、無失点試合を「11」に伸ばした。が、この日も5点リードの場面での登板だったため、セーブ数は「6」のまま。

「無失点守護神」にもかかわらず登板試合の約半数でセーブが付かないという異常事態に見舞われているのだ。

 楽天は現在リーグ5位に低迷。加えて、今季のチームは僅差で終盤を迎える試合が極端に少ない。直近10試合を見ても、九回までに3点以内のリードで迎えた試合は今月4日の日ハム戦だけ。4月19日から5月1日に至っては、チームが九回までに大勝、または相手にリードを許す試合が続いたため、松井裕はケガでもないのに約2週間も登板機会に恵まれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る