楽天新守護神の松井裕樹 「防御率0.00」で迎える開幕の不安

公開日: 更新日:

「ちょっと順調すぎる。一度、ガツンとやられた方がいいと思ってたんだけど……」

 先日、楽天の某選手がこう言っていた。デーブ大久保新監督から今季のストッパーに抜擢された高卒2年目左腕の松井裕樹(19)が、5戦連続ゼロ封と完璧な内容でオープン戦を終了。それが、「逆に不安です」と先の選手が言うのは、松井裕の性格に起因する。

 一緒に自主トレを行うなど、弟のように松井裕をかわいがっているエースの則本昂大(24)がこう言っている。

「あいつ、調子に乗せたらものすごいですから。半面、一度、落ち込むとシュンとしちゃう」

 松井裕のオープン戦成績は8試合で防御率0.00。9イニングで16奪三振、奪三振率16.00と驚異的な数字を残した。

 怖いもの知らずで腕を振り、自らの長所を存分に発揮したものの、シーズンでストッパーが感じる重圧はまったく別物。マイナスを引きずるタイプだけに、開幕前に失敗したときの免疫をつくっておいた方がよかったのでは、というわけだ。先発で4勝した1年目の昨季も1本の被安打で途端に制球を乱すケースが多々あった。それだけに周囲は気を揉むのだ。

 松井裕の配置転換で手薄な先発陣はさらに脆弱になった。昨年以上にリリーフに負担がかかるのは間違いない。その中心に松井裕を据える陣容には、イチかバチかというベンチの苦心が見え隠れする。最下位脱出が今季の楽天の現実的な目標だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る