権藤博氏が“谷繁引退勧告”に反論 「捕手専念が中日のためだ」

公開日: 更新日:

【権藤博の流儀】 第18回

 2日に都内ホテルで開かれた佐々木主浩(46)の殿堂入りパーティーに出席してきた。横浜時代に大魔神ともども苦楽を共にした現中日兼任監督の谷繁元信(43)とも顔を合わせたので、開口一番、こう言ってきた。

「周りは四の五の言うかもしれんが、監督なんてどうでもいい。おまえが監督として味を出すのは再来年から。来季はまだ捕手一本だぞ。捕手谷繁に徹することがドラゴンズのためになる。ベンチのことはコーチに任せて、選手としてやることだけ考えたらいい」

 この2日前の11月30日に、名古屋で中日のOB会が行われた。席上、木俣OB会長が、プロ野球記録の3017試合出場まであと26に迫る谷繁に言及し、「(記録を)抜いたら監督一本でやって欲しい。切に願う」とあいさつ。これを受けて、〈OB会が谷繁に引退勧告〉と書いたスポーツ紙もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る