• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

驚異の成功率 中日・小笠原「代打」で復活の理由を専門家解説

 4月5日の中日-広島戦は4対4で延長戦へ突入。十二回裏、満塁の場面で谷繁監督が切った最終カードは代打・小笠原道大だった。結果は1S後(S=ストライク)に痛烈な打球がレフトを襲いサヨナラ勝ち。中日は6連勝を飾った。

 小笠原は3月31日の巨人戦でも八回裏に1死満塁から代打で登場。決勝タイムリーを放ち、古巣へ恩返しをした。

 巨人時代の11年(83試合)は規定打席に届かなかった。江夏豊に次ぐ、両リーグでMVP(日本ハム、巨人)を獲得した男が大減俸。3億6000万円減の7000万円で更改した。翌12年は34試合の出場。巨人最後の2年間は打率.152、.250。どん底を見た。

 それでも「代打稼業」なら復活すると私は主張し続けた。中日へ移籍すると、昨年が代打で6打数連続安打(歴代3位)と9打席連続出塁(歴代2位)を記録。99打席ながら3割を打ってみせ、今年も4月29日時点で打率.500。得点圏打率なら.625の成功率。予測通りになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る