• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

驚異の成功率 中日・小笠原「代打」で復活の理由を専門家解説

 4月5日の中日-広島戦は4対4で延長戦へ突入。十二回裏、満塁の場面で谷繁監督が切った最終カードは代打・小笠原道大だった。結果は1S後(S=ストライク)に痛烈な打球がレフトを襲いサヨナラ勝ち。中日は6連勝を飾った。

 小笠原は3月31日の巨人戦でも八回裏に1死満塁から代打で登場。決勝タイムリーを放ち、古巣へ恩返しをした。

 巨人時代の11年(83試合)は規定打席に届かなかった。江夏豊に次ぐ、両リーグでMVP(日本ハム、巨人)を獲得した男が大減俸。3億6000万円減の7000万円で更改した。翌12年は34試合の出場。巨人最後の2年間は打率.152、.250。どん底を見た。

 それでも「代打稼業」なら復活すると私は主張し続けた。中日へ移籍すると、昨年が代打で6打数連続安打(歴代3位)と9打席連続出塁(歴代2位)を記録。99打席ながら3割を打ってみせ、今年も4月29日時点で打率.500。得点圏打率なら.625の成功率。予測通りになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る