驚異の成功率 中日・小笠原「代打」で復活の理由を専門家解説

公開日:  更新日:

 4月5日の中日-広島戦は4対4で延長戦へ突入。十二回裏、満塁の場面で谷繁監督が切った最終カードは代打・小笠原道大だった。結果は1S後(S=ストライク)に痛烈な打球がレフトを襲いサヨナラ勝ち。中日は6連勝を飾った。

 小笠原は3月31日の巨人戦でも八回裏に1死満塁から代打で登場。決勝タイムリーを放ち、古巣へ恩返しをした。

 巨人時代の11年(83試合)は規定打席に届かなかった。江夏豊に次ぐ、両リーグでMVP(日本ハム、巨人)を獲得した男が大減俸。3億6000万円減の7000万円で更改した。翌12年は34試合の出場。巨人最後の2年間は打率.152、.250。どん底を見た。

 それでも「代打稼業」なら復活すると私は主張し続けた。中日へ移籍すると、昨年が代打で6打数連続安打(歴代3位)と9打席連続出塁(歴代2位)を記録。99打席ながら3割を打ってみせ、今年も4月29日時点で打率.500。得点圏打率なら.625の成功率。予測通りになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る