首位ヤンキースは投手陣牽引 際立つマー君の“コスパの悪さ”

公開日:  更新日:

 不要論が沸き起こっても不思議ではない。右手首の炎症と上腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(26)のことだ。

 10日現在、ヤンキースは20勝12敗(勝率6割2分5厘)で2位レイズに3ゲーム差のア・リーグ東地区首位。中でも気を吐いているのが田中抜きの投手陣なのだ。

 田中に代わってローテーション入りした2年目右腕のウィットリー(25)は、ここまで3試合に登板して1勝1敗、防御率3.06。4日のブルージェイズ戦では勝ち負けこそ付かなかったが、7回を6安打無失点と好投するなど田中の穴を十分に埋めている。マーリンズから移籍の右腕イオバルディ(25=3勝0敗、防御率3.97)、今季先発に定着したウォーレン(27=2勝1敗、防御率4.65)ともまずまずの働きだ。右腕・ピネダ(26)は開幕から負けなしの5連勝で、いまやチームの勝ち頭。サバシアと田中、左右両エースに代わって投手陣を牽引している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る