TV放映権高騰 大リーガーの平均年俸がプロ野球の14倍に

公開日: 更新日:

 いったい、どこまで上がるのか。AP通信の発表によれば、大リーガーの今季開幕時の平均年俸は425万ドル(約5億1000万円)。昨年の395万ドル、一昨年の365万ドルを大きく上回ることがわかった。

 ちなみに日本のプロ野球は、昨年が3年連続のマイナスとなる3678万円。メジャーリーガーはプロ野球選手の実に13.9倍もの給料をもらっている計算になる。

 日本人選手の最高はヤンキース・田中の2200万ドル(約26億4000万円)。メジャーの最高給取りはドジャースの左腕・カーショーで3100万ドル(約37億2000万円)、2位はタイガースの右腕バーランダーで2800万ドル(約33億6000万円)だ。

 頭打ちの日本プロ野球と比べて、選手の年俸がジャンジャン上がっていく最大の要因はテレビ放映権料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る