TV放映権高騰 大リーガーの平均年俸がプロ野球の14倍に

公開日:  更新日:

 いったい、どこまで上がるのか。AP通信の発表によれば、大リーガーの今季開幕時の平均年俸は425万ドル(約5億1000万円)。昨年の395万ドル、一昨年の365万ドルを大きく上回ることがわかった。

 ちなみに日本のプロ野球は、昨年が3年連続のマイナスとなる3678万円。メジャーリーガーはプロ野球選手の実に13.9倍もの給料をもらっている計算になる。

 日本人選手の最高はヤンキース・田中の2200万ドル(約26億4000万円)。メジャーの最高給取りはドジャースの左腕・カーショーで3100万ドル(約37億2000万円)、2位はタイガースの右腕バーランダーで2800万ドル(約33億6000万円)だ。

 頭打ちの日本プロ野球と比べて、選手の年俸がジャンジャン上がっていく最大の要因はテレビ放映権料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る