TV放映権高騰 大リーガーの平均年俸がプロ野球の14倍に

公開日: 更新日:

 いったい、どこまで上がるのか。AP通信の発表によれば、大リーガーの今季開幕時の平均年俸は425万ドル(約5億1000万円)。昨年の395万ドル、一昨年の365万ドルを大きく上回ることがわかった。

 ちなみに日本のプロ野球は、昨年が3年連続のマイナスとなる3678万円。メジャーリーガーはプロ野球選手の実に13.9倍もの給料をもらっている計算になる。

 日本人選手の最高はヤンキース・田中の2200万ドル(約26億4000万円)。メジャーの最高給取りはドジャースの左腕・カーショーで3100万ドル(約37億2000万円)、2位はタイガースの右腕バーランダーで2800万ドル(約33億6000万円)だ。

 頭打ちの日本プロ野球と比べて、選手の年俸がジャンジャン上がっていく最大の要因はテレビ放映権料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  10. 10

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

もっと見る