• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV放映権高騰 大リーガーの平均年俸がプロ野球の14倍に

投稿日:  更新日:

 いったい、どこまで上がるのか。AP通信の発表によれば、大リーガーの今季開幕時の平均年俸は425万ドル(約5億1000万円)。昨年の395万ドル、一昨年の365万ドルを大きく上回ることがわかった。

 ちなみに日本のプロ野球は、昨年が3年連続のマイナスとなる3678万円。メジャーリーガーはプロ野球選手の実に13.9倍もの給料をもらっている計算になる。

 日本人選手の最高はヤンキース・田中の2200万ドル(約26億4000万円)。メジャーの最高給取りはドジャースの左腕・カーショーで3100万ドル(約37億2000万円)、2位はタイガースの右腕バーランダーで2800万ドル(約33億6000万円)だ。

 頭打ちの日本プロ野球と比べて、選手の年俸がジャンジャン上がっていく最大の要因はテレビ放映権料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る