斉藤和巳、坂本勇人…切っても切れぬプロ野球選手と女性問題

公開日: 更新日:

 プロ野球が開幕する。今年は開幕前から野球界は女性問題で賑やかだった。巨人坂本勇人はキャンプ中の宿舎に女性を連れ込んでいたことが発覚。コトに及んだ後、お金を渡して、「ハイ、さようなら」では女性が怒りの告白をするのも当然。ちなみに、「トップ選手は同じホテルに別室を取るが、下の選手は先輩に見つからないようラブホを使うのが習わし」という。

 旧知の元プロ野球選手が言っていたプロ入りの動機を思い出した。「この顔にしてこのずうたいでしょう。不謹慎ですが、女の子にモテたいからでした」。プロに入り、「遠征は試合以上に女遊びが楽しみでした」という選手生活を送ったそうだ。それがトップ選手になれば、女性のほうから言い寄ってくる。そこに隙ができる。巨人の原監督や阿部慎之助も週刊誌で女性とのトラブルを暴かれた。脇の甘さが招いたものであろう。ダルビッシュ有は交際宣言していた山本聖子さんの妊娠を発表。紗栄子と離婚後、数々の女性と浮名を流したが、これで女遊びは一段落か――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る