• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・森が外野練習 「打てる捕手」の育成を放棄する球団の愚

 その光景を見た瞬間、ある日本ハム関係者は思わず「ウソだろ!?」と叫びそうになった。

 14日の試合前、西武の森友哉(19)が外野の守備練習をしていたのだ。

 森はもっか打率.326、7本塁打、20打点。高卒2年目にして、打撃はいよいよ磨きがかかっている。とはいえ、出番はDHのみ。本職の捕手業は正捕手の炭谷がいるため、開店休業状態。それではDHのないセとの交流戦で出番がなくなるため、首脳陣は森を急造外野手として促成栽培しようとしている。

 西武は一塁にメヒア、三塁に中村と、昨季の本塁打王2人がレギュラーを張っている。外野は左翼栗山、中堅秋山は動かせない。となれば、スタメンが固定できない右翼しか、森が交流戦で守る場所はない――というのが西武側の言い分だ。

 昨季は開幕早々に優勝争いから脱落。当時ルーキーの森を昇格させ、スタメンマスクをかぶらせる余裕もあった。今季は首位キープとあって「冒険」はしたくないのだろうが、ただでさえ捕手の育成には時間がかかるのに、経験を積ませる機会すらも奪っては成長するものもしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る