西武・森が外野練習 「打てる捕手」の育成を放棄する球団の愚

公開日:  更新日:

 その光景を見た瞬間、ある日本ハム関係者は思わず「ウソだろ!?」と叫びそうになった。

 14日の試合前、西武の森友哉(19)が外野の守備練習をしていたのだ。

 森はもっか打率.326、7本塁打、20打点。高卒2年目にして、打撃はいよいよ磨きがかかっている。とはいえ、出番はDHのみ。本職の捕手業は正捕手の炭谷がいるため、開店休業状態。それではDHのないセとの交流戦で出番がなくなるため、首脳陣は森を急造外野手として促成栽培しようとしている。

 西武は一塁にメヒア、三塁に中村と、昨季の本塁打王2人がレギュラーを張っている。外野は左翼栗山、中堅秋山は動かせない。となれば、スタメンが固定できない右翼しか、森が交流戦で守る場所はない――というのが西武側の言い分だ。

 昨季は開幕早々に優勝争いから脱落。当時ルーキーの森を昇格させ、スタメンマスクをかぶらせる余裕もあった。今季は首位キープとあって「冒険」はしたくないのだろうが、ただでさえ捕手の育成には時間がかかるのに、経験を積ませる機会すらも奪っては成長するものもしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る