打撃で大暴れの西武・森 “捕手休業”状態に評論家が疑問符

公開日: 更新日:

 やはりバットを持ったらただ者ではない。

 15日、「6番DH」で出場した西武森友哉(19)が四回と八回に今季1、2号ソロ本塁打。三回にも2点適時打を放つなど、5打数3安打4打点と大暴れした。森は試合後、「調子が悪い中、しっかりスイングができた。1号が出たので、(今後は)いい気持ちで打席に立てる」と話した。

 しかし、肝心の捕手について尋ねると「実戦離れ? そうですね。(この状況で)いきなり(マスクを)かぶれと言われたら厳しいかもしれません」と言った。

 今季14試合すべてに出場しながらいずれもDH。一度もマスクをかぶっていない。13年ドラフト1位で入団した際は、「西武は今後10年、捕手に困らない」といわれた逸材なのに、ここまでスタメンマスクをかぶっているのは正捕手の炭谷なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る