勝てば勝つほど育たない…森友哉をめぐる西武の“ジレンマ”

公開日:  更新日:

 8日の日本ハム戦には敗れたとはいえ、開幕10試合を6勝4敗と勝ち越した西武。専門家の開幕前の予想では大半が「Bクラス」だったことを考えれば、御の字だろう。が、首脳陣は喜んでばかりもいられない。チームが勝ち星を増やせば増やすほど、高卒2年目捕手・森友哉(19)の育成が進まないからだ。

 森はルーキーイヤーの昨年、シーズン中盤の7月末に一軍昇格すると、高卒新人選手として46年ぶりとなる3試合連続本塁打をマーク。持ち前のフルスイングで6本塁打を放った一方、捕手としてのキャッチングや配球面の課題が浮き彫りになった。そこで首脳陣は今季を「森の育成年」と位置付け、実戦を積ませながら炭谷銀仁朗(27)と正妻の座を競わせる方針を固めていた。

 ところが、チームは開幕から快進撃。「脆弱」と思われていた西武投手陣をうまくリードする炭谷が原動力になった。いい流れを引き寄せる炭谷を引っ込めるわけにはいかず、森は打力を生かす「指名打者」での出場が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る