勝てば勝つほど育たない…森友哉をめぐる西武の“ジレンマ”

公開日: 更新日:

 8日の日本ハム戦には敗れたとはいえ、開幕10試合を6勝4敗と勝ち越した西武。専門家の開幕前の予想では大半が「Bクラス」だったことを考えれば、御の字だろう。が、首脳陣は喜んでばかりもいられない。チームが勝ち星を増やせば増やすほど、高卒2年目捕手・森友哉(19)の育成が進まないからだ。

 森はルーキーイヤーの昨年、シーズン中盤の7月末に一軍昇格すると、高卒新人選手として46年ぶりとなる3試合連続本塁打をマーク。持ち前のフルスイングで6本塁打を放った一方、捕手としてのキャッチングや配球面の課題が浮き彫りになった。そこで首脳陣は今季を「森の育成年」と位置付け、実戦を積ませながら炭谷銀仁朗(27)と正妻の座を競わせる方針を固めていた。

 ところが、チームは開幕から快進撃。「脆弱」と思われていた西武投手陣をうまくリードする炭谷が原動力になった。いい流れを引き寄せる炭谷を引っ込めるわけにはいかず、森は打力を生かす「指名打者」での出場が続いているのだ。

「開幕直後とはいえ、仮に負けが先行していれば、田辺監督も思い切って森にマスクをかぶらせたでしょう。でも、炭谷の好リードのおかげで勝っている以上、森を捕手で使って流れが変わっては困る。育成したいのにできないジレンマです」(チーム関係者)

 巨人阿部慎之助を超える「打てる捕手」になるはずが、気が付けば「DHが本職」になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット