勝てば勝つほど育たない…森友哉をめぐる西武の“ジレンマ”

公開日: 更新日:

 8日の日本ハム戦には敗れたとはいえ、開幕10試合を6勝4敗と勝ち越した西武。専門家の開幕前の予想では大半が「Bクラス」だったことを考えれば、御の字だろう。が、首脳陣は喜んでばかりもいられない。チームが勝ち星を増やせば増やすほど、高卒2年目捕手・森友哉(19)の育成が進まないからだ。

 森はルーキーイヤーの昨年、シーズン中盤の7月末に一軍昇格すると、高卒新人選手として46年ぶりとなる3試合連続本塁打をマーク。持ち前のフルスイングで6本塁打を放った一方、捕手としてのキャッチングや配球面の課題が浮き彫りになった。そこで首脳陣は今季を「森の育成年」と位置付け、実戦を積ませながら炭谷銀仁朗(27)と正妻の座を競わせる方針を固めていた。

 ところが、チームは開幕から快進撃。「脆弱」と思われていた西武投手陣をうまくリードする炭谷が原動力になった。いい流れを引き寄せる炭谷を引っ込めるわけにはいかず、森は打力を生かす「指名打者」での出場が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る