• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝てば勝つほど育たない…森友哉をめぐる西武の“ジレンマ”

 8日の日本ハム戦には敗れたとはいえ、開幕10試合を6勝4敗と勝ち越した西武。専門家の開幕前の予想では大半が「Bクラス」だったことを考えれば、御の字だろう。が、首脳陣は喜んでばかりもいられない。チームが勝ち星を増やせば増やすほど、高卒2年目捕手・森友哉(19)の育成が進まないからだ。

 森はルーキーイヤーの昨年、シーズン中盤の7月末に一軍昇格すると、高卒新人選手として46年ぶりとなる3試合連続本塁打をマーク。持ち前のフルスイングで6本塁打を放った一方、捕手としてのキャッチングや配球面の課題が浮き彫りになった。そこで首脳陣は今季を「森の育成年」と位置付け、実戦を積ませながら炭谷銀仁朗(27)と正妻の座を競わせる方針を固めていた。

 ところが、チームは開幕から快進撃。「脆弱」と思われていた西武投手陣をうまくリードする炭谷が原動力になった。いい流れを引き寄せる炭谷を引っ込めるわけにはいかず、森は打力を生かす「指名打者」での出場が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る