12球団トップの長打率 西武・森友哉「フルスイング」の魅力

公開日:  更新日:

 今、わざわざ球場に足を運ぶのならば、この男を見に行かない手はない。西武の高卒2年目、森友哉(19)だ。

 8日のロッテ戦では三回に右翼スタンド上段へ7号ソロを叩き込むと、七、八回には連続二塁打。5打数3安打2打点と大暴れした。

 打率.331はリーグ3位、7本塁打は同4位タイ。さらに長打率.610に至っては文句なしの12球団トップなのだ。

 170センチ、80キロという小兵ながら、バットを持たせればその迫力は球界随一。森の母校は中村(西武)や中田(日本ハム)、西岡(阪神)らを輩出した強豪大阪桐蔭。その西谷監督が歴代OBを差し置いて、「森が卒業生ナンバーワン」と評価するのがアジャスト能力だ。かつてスポーツ雑誌の取材にこう答えていた。

「ボールをミートするという単純な意味ではない。ボールを捉える能力が高いんです。最後までボールをしっかり捉えて、ボールにアジャストする能力は卒業生で一番です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る