12球団トップの長打率 西武・森友哉「フルスイング」の魅力

公開日:  更新日:

 今、わざわざ球場に足を運ぶのならば、この男を見に行かない手はない。西武の高卒2年目、森友哉(19)だ。

 8日のロッテ戦では三回に右翼スタンド上段へ7号ソロを叩き込むと、七、八回には連続二塁打。5打数3安打2打点と大暴れした。

 打率.331はリーグ3位、7本塁打は同4位タイ。さらに長打率.610に至っては文句なしの12球団トップなのだ。

 170センチ、80キロという小兵ながら、バットを持たせればその迫力は球界随一。森の母校は中村(西武)や中田(日本ハム)、西岡(阪神)らを輩出した強豪大阪桐蔭。その西谷監督が歴代OBを差し置いて、「森が卒業生ナンバーワン」と評価するのがアジャスト能力だ。かつてスポーツ雑誌の取材にこう答えていた。

「ボールをミートするという単純な意味ではない。ボールを捉える能力が高いんです。最後までボールをしっかり捉えて、ボールにアジャストする能力は卒業生で一番です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る