• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12球団トップの長打率 西武・森友哉「フルスイング」の魅力

 今、わざわざ球場に足を運ぶのならば、この男を見に行かない手はない。西武の高卒2年目、森友哉(19)だ。

 8日のロッテ戦では三回に右翼スタンド上段へ7号ソロを叩き込むと、七、八回には連続二塁打。5打数3安打2打点と大暴れした。

 打率.331はリーグ3位、7本塁打は同4位タイ。さらに長打率.610に至っては文句なしの12球団トップなのだ。

 170センチ、80キロという小兵ながら、バットを持たせればその迫力は球界随一。森の母校は中村(西武)や中田(日本ハム)、西岡(阪神)らを輩出した強豪大阪桐蔭。その西谷監督が歴代OBを差し置いて、「森が卒業生ナンバーワン」と評価するのがアジャスト能力だ。かつてスポーツ雑誌の取材にこう答えていた。

「ボールをミートするという単純な意味ではない。ボールを捉える能力が高いんです。最後までボールをしっかり捉えて、ボールにアジャストする能力は卒業生で一番です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る