巨人・井端が“パンク寸前” スーパーサブが休みわずか1試合

公開日:  更新日:

「選手である以上、レギュラーを目指してやっている。でも、1年全部出るのは可能かといえば、現実的には厳しい。だってオレもう40だから(笑い)。チーム内での役割も分かっているしね」

 開幕直前、今季の目標はフル出場? と聞いた本紙記者を手で制し、苦笑いを浮かべながら即答した巨人・井端弘和(40)のセリフがこれである。

 巨人移籍2年目。自他共に認めるスーパーサブの役割、のはずだった井端が、今やスーパーレギュラー。これに最も戸惑っているのが本人かもしれない。

 20日、わずか2安打10三振と沈黙して完封負けを食らった巨人打線にあって、いよいよ攻守になくてはならない存在になった。この日、村田と小林が故障と再調整のため、登録を抹消された。ともに巨人入団後初の二軍落ち。当然、村田の代役は前日に続いて井端が「7番・三塁」で務め、2打数無安打ながら1四球を選び、チャンスメークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る