巨人・井端が“パンク寸前” スーパーサブが休みわずか1試合

公開日:  更新日:

「選手である以上、レギュラーを目指してやっている。でも、1年全部出るのは可能かといえば、現実的には厳しい。だってオレもう40だから(笑い)。チーム内での役割も分かっているしね」

 開幕直前、今季の目標はフル出場? と聞いた本紙記者を手で制し、苦笑いを浮かべながら即答した巨人・井端弘和(40)のセリフがこれである。

 巨人移籍2年目。自他共に認めるスーパーサブの役割、のはずだった井端が、今やスーパーレギュラー。これに最も戸惑っているのが本人かもしれない。

 20日、わずか2安打10三振と沈黙して完封負けを食らった巨人打線にあって、いよいよ攻守になくてはならない存在になった。この日、村田と小林が故障と再調整のため、登録を抹消された。ともに巨人入団後初の二軍落ち。当然、村田の代役は前日に続いて井端が「7番・三塁」で務め、2打数無安打ながら1四球を選び、チャンスメークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る