ここまで3敗 中継ぎエース山口“異変”で揺らぐ巨人の生命線

公開日:  更新日:

 何かがおかしい――。21日の阪神戦で敗戦投手となった巨人の絶対的セットアッパー山口鉄也(31)が、17試合で1勝3敗、防御率3.68とぴりっとしないのだ。

 さしもの7年連続60試合登板の鉄腕左腕にも、勤続疲労からか、最近は陰りが見え始めている。昨季は防御率3.04。シーズン中に左ヒジを痛めていたことが発覚し、昨年10月に血小板を集めて患部に注射する「PRP療法」を行った。右ヒジ靱帯部分断裂したヤンキースの田中が選択した治療法だ。

「オフの間にリハビリに取り組んで春のキャンプに間に合わせた。ただ、昨年後半に痛みを感じながら投げたことで、怖さが残っているんじゃないか。首脳陣は技術的なことより、精神的な問題だとみている。自信を喪失しているところもあるようだから」(チーム関係者)

 長年、この左腕に牛耳られてきた対戦相手も、今季の山口の投球に疑念を抱いていた。セの某スコアラーがこう漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る