• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ここまで3敗 中継ぎエース山口“異変”で揺らぐ巨人の生命線

 何かがおかしい――。21日の阪神戦で敗戦投手となった巨人の絶対的セットアッパー山口鉄也(31)が、17試合で1勝3敗、防御率3.68とぴりっとしないのだ。

 さしもの7年連続60試合登板の鉄腕左腕にも、勤続疲労からか、最近は陰りが見え始めている。昨季は防御率3.04。シーズン中に左ヒジを痛めていたことが発覚し、昨年10月に血小板を集めて患部に注射する「PRP療法」を行った。右ヒジ靱帯部分断裂したヤンキースの田中が選択した治療法だ。

「オフの間にリハビリに取り組んで春のキャンプに間に合わせた。ただ、昨年後半に痛みを感じながら投げたことで、怖さが残っているんじゃないか。首脳陣は技術的なことより、精神的な問題だとみている。自信を喪失しているところもあるようだから」(チーム関係者)

 長年、この左腕に牛耳られてきた対戦相手も、今季の山口の投球に疑念を抱いていた。セの某スコアラーがこう漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る