巨人新GMにいきなり難題 初仕事は高橋由の“肩たたき”か

公開日: 更新日:

 巨人が広島に連勝した。13日の試合で、故障で離脱していた阿部と坂本が復帰。42日ぶりに先発した大竹が7回3安打無失点で今季初勝利を挙げた。

 主力が続々と復帰する中、残るはすでに二軍戦に出場している捕手の相川と左腕エースの内海。この2人が戻れば一応、役者は揃う。

 誰かが上がれば誰かが落ちる。チーム内で「次に二軍に行くのはあの人ではないか? 兼任から専任になるのでは」と噂されるのが高橋由伸・兼任打撃コーチ(40)である。

 1-0で迎えた七回1死二塁、代打で登場。原監督はその前の村田に犠打をさせてまでチャンスをお膳立てしたものの、広島・菊池の好守にも阻まれ、二ゴロに倒れた。

 選手としては代打の切り札の立場ながら、打率は.205。昨季.317だった得点圏打率も今季は.133。「天才打者」といわれた男も40歳に到達し、自慢の勝負強さもすっかり影を潜めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る