• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狙いは不調村田への“カンフル剤” 巨人に「外国人補強」情報

 巨人・原辰徳監督(56)の予言的中率は「ハーフハーフ」だった。

 前日に「阪神戦はロースコアにはしない」と宣言。19日の試合は、その通りの展開となった。

 二回に阿部が今季1号2ランを放つと、四回には長野にも一発が飛び出し8得点。試合後、「根拠がない願望だった」と指揮官は笑い、大量援護をもらった先発・菅野はプロ3年目で初完封勝利を挙げた。

 が、「(村田)修一が打つよ」の予告は外れた。その村田がスタメンを外れたからだ。打率.244、3本塁打、9打点。「打つ」と言っておいて使わない――。荒療治かと思いきや、「コンディションが良くなかった。村田が出ていても7点は取っていると思う」と原監督。さるチーム関係者がこう言う。

「原監督にとって想定外だったのは、長い不振にあえぐ村田を覚醒させるべく獲得した新外国人のフランシスコが5試合で二軍落ちしたこと。一塁でデビューしたものの、三塁が本職というのがミソ。村田の刺激剤の意味合いが強かった。それが、あっという間にいなくなった。ライバルにもならなかったわけだから、村田は大いに安心したでしょう。そして監督が『爆発予告』した日にアクシデント発生。もっていない男です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る