• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイコラスも欠陥露呈 巨人「新外国人」は誰も使い物にならず

 巨人のマイルズ・マイコラス(26)が自滅で沈んだ。14日の広島戦に先発。3-3の五回1死二、三塁で、2番の菊池に3度セーフティーバントの構えをされ、リズムを乱した。暴投であっけなく勝ち越し点を献上。五回途中5失点でKOとなった。

 今季4試合に登板し、未勝利(2敗)。マイコラスは「悪い状態ではなかったが、全体的にボールが高くなってしまい、打たれてしまった」とコメント。が、0勝には0勝の理由がある。試合前、広島ベンチでこう話す選手がいた。

「マイコラスとは広島で1度当たって(5回3得点)黒星をつけている。球は速いからイージーな投手ではないけど、普通の送球ができない。イップスじゃないかってベンチで話題になったほど。うちは先発投手が頑張っているのに、打線が援護できないケースが何試合あったか。打てないなら、ねちっこく揺さぶるしかないでしょう。外国人特有だけど、少し短気なところもありそう。やってみる価値はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る