強行出場決断のベイ筒香に「選手生命に関わる」と専門家警鐘

公開日:  更新日:

「あくまで一般的な意見になりますが、最低でも1週間は無理をさせたくないですね」

 DeNAの筒香嘉智(23)について、野球選手の治療実績が豊富な名古屋スポーツクリニック院長の杉本勝正氏がこう言った。

 24日の阪神戦で走塁の際に右太ももを痛め、「軽度の筋損傷」と診断された筒香。中畑監督は「ここ一番の代打。思った以上に強くバットも振れるようだし、パの主催試合ではDHで使うこともできる」と登録抹消しない決断を下した。

 この日は出場機会がなかったハマの大砲は、「だんだん良くなっている。27日いけるならフリーをやるつもり。再発しないように治療したい」と意気込んだが、試合前には足を引きずるような歩き方もしていた。前出の杉本氏は、「筒香選手が最後までプレーを全うすることを考えれば、むしろ10日間の登録抹消はマイナスにはならないと思う」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る