強行出場決断のベイ筒香に「選手生命に関わる」と専門家警鐘

公開日:  更新日:

「あくまで一般的な意見になりますが、最低でも1週間は無理をさせたくないですね」

 DeNAの筒香嘉智(23)について、野球選手の治療実績が豊富な名古屋スポーツクリニック院長の杉本勝正氏がこう言った。

 24日の阪神戦で走塁の際に右太ももを痛め、「軽度の筋損傷」と診断された筒香。中畑監督は「ここ一番の代打。思った以上に強くバットも振れるようだし、パの主催試合ではDHで使うこともできる」と登録抹消しない決断を下した。

 この日は出場機会がなかったハマの大砲は、「だんだん良くなっている。27日いけるならフリーをやるつもり。再発しないように治療したい」と意気込んだが、試合前には足を引きずるような歩き方もしていた。前出の杉本氏は、「筒香選手が最後までプレーを全うすることを考えれば、むしろ10日間の登録抹消はマイナスにはならないと思う」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る