• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「打撃崩れる可能性」 右太もも痛のベイ筒香を評論家が心配

 セ首位で交流戦を迎えるDeNAにとっては、まさかのアクシデントだった。

 24日の阪神戦で主砲の筒香嘉智(23)が右太ももを痛め、25日、病院で検査を受けた。診断名は公表されず、登録抹消か否かは首脳陣の判断を仰いだ上で26日に発表される。本人は診察後、横浜スタジアムを訪れた。松葉杖をつくでもなく、自らの足で歩行。状態については「まだわからない」と言葉少なだったが、右足は左打者にとって踏み出す足。守備、走塁はもちろん、これが打撃に影響するかもしれない。評論家の山崎裕之氏が言う。

「筒香は右足の踏み込みだけでなく、体全体の使い方やボールへの反応を含めて全体的にレベルアップしている。ただ、太ももを痛めただけに、走り込みやダッシュがままならなくなり、体のキレが鈍くなってそこから打撃が崩れる懸念はある」

■守護神・山崎には危険球のトラウマか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る