「打撃崩れる可能性」 右太もも痛のベイ筒香を評論家が心配

公開日:  更新日:

 セ首位で交流戦を迎えるDeNAにとっては、まさかのアクシデントだった。

 24日の阪神戦で主砲の筒香嘉智(23)が右太ももを痛め、25日、病院で検査を受けた。診断名は公表されず、登録抹消か否かは首脳陣の判断を仰いだ上で26日に発表される。本人は診察後、横浜スタジアムを訪れた。松葉杖をつくでもなく、自らの足で歩行。状態については「まだわからない」と言葉少なだったが、右足は左打者にとって踏み出す足。守備、走塁はもちろん、これが打撃に影響するかもしれない。評論家の山崎裕之氏が言う。

「筒香は右足の踏み込みだけでなく、体全体の使い方やボールへの反応を含めて全体的にレベルアップしている。ただ、太ももを痛めただけに、走り込みやダッシュがままならなくなり、体のキレが鈍くなってそこから打撃が崩れる懸念はある」

■守護神・山崎には危険球のトラウマか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る