日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ青木は4戦連続マルチ 「球宴ファン投票4位」に

 日本人リードオフマンの勢いが増してきた。

 ジャイアンツ・青木宣親(33)は27日のブルワーズ戦で5打数2安打1得点。メジャー自己最長タイとなる4戦連続マルチを記録し、打率を3割2分2厘に上げた。

 三回の第2打席で相手の先発右腕フィアーズの外寄りの直球を中前に運ぶと、1点を追う五回には左前打で出塁。続くパニックの逆転2ランを呼び込んだ。

 チームはブルワーズを3タテし、今季4度目の同一カード3連勝。古巣相手に活躍した青木は、「一打席ごとに集中している。好球必打は当たり前だけど、その一番難しいことがうまくできている」と好調な打撃について自己分析した。

 ナ・リーグ西地区で首位争いするチームを、攻守にわたって牽引する働きが評価されているのだろう。この日発表されたオールスターのナ・リーグファン投票第1回中間発表では、外野手部門で4位に入った。

 青木は「レギュラー争いしている意識なので、まさかそんな位置にいるとは」と謙遜しながら、「日本の方も入れたと思うが、もっとお願いします」とさらなる投票を呼びかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事