ジャイアンツ青木は4戦連続マルチ 「球宴ファン投票4位」に

公開日:  更新日:

 日本人リードオフマンの勢いが増してきた。

 ジャイアンツ・青木宣親(33)は27日のブルワーズ戦で5打数2安打1得点。メジャー自己最長タイとなる4戦連続マルチを記録し、打率を3割2分2厘に上げた。

 三回の第2打席で相手の先発右腕フィアーズの外寄りの直球を中前に運ぶと、1点を追う五回には左前打で出塁。続くパニックの逆転2ランを呼び込んだ。

 チームはブルワーズを3タテし、今季4度目の同一カード3連勝。古巣相手に活躍した青木は、「一打席ごとに集中している。好球必打は当たり前だけど、その一番難しいことがうまくできている」と好調な打撃について自己分析した。

 ナ・リーグ西地区で首位争いするチームを、攻守にわたって牽引する働きが評価されているのだろう。この日発表されたオールスターのナ・リーグファン投票第1回中間発表では、外野手部門で4位に入った。

 青木は「レギュラー争いしている意識なので、まさかそんな位置にいるとは」と謙遜しながら、「日本の方も入れたと思うが、もっとお願いします」とさらなる投票を呼びかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る