ジャイアンツ青木は4戦連続マルチ 「球宴ファン投票4位」に

公開日:  更新日:

 日本人リードオフマンの勢いが増してきた。

 ジャイアンツ・青木宣親(33)は27日のブルワーズ戦で5打数2安打1得点。メジャー自己最長タイとなる4戦連続マルチを記録し、打率を3割2分2厘に上げた。

 三回の第2打席で相手の先発右腕フィアーズの外寄りの直球を中前に運ぶと、1点を追う五回には左前打で出塁。続くパニックの逆転2ランを呼び込んだ。

 チームはブルワーズを3タテし、今季4度目の同一カード3連勝。古巣相手に活躍した青木は、「一打席ごとに集中している。好球必打は当たり前だけど、その一番難しいことがうまくできている」と好調な打撃について自己分析した。

 ナ・リーグ西地区で首位争いするチームを、攻守にわたって牽引する働きが評価されているのだろう。この日発表されたオールスターのナ・リーグファン投票第1回中間発表では、外野手部門で4位に入った。

 青木は「レギュラー争いしている意識なので、まさかそんな位置にいるとは」と謙遜しながら、「日本の方も入れたと思うが、もっとお願いします」とさらなる投票を呼びかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る