• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調ジャイアンツ青木 真価問われる「エース級」との対決

 昨季のチャンピオンチーム、ジャイアンツに移籍した青木親宣(33)の勢いが止まらない。

 14日(日本時間15日)のロッキーズ戦の五回に内野安打を放ち、開幕から9試合連続安打。06年のヤンキース・松井秀喜、07年のデビルレイズ(現レイズ)・岩村明憲がマークした日本人選手による開幕からの連続試合安打記録に肩を並べた。16日のロッキーズ戦は3打数で安打なしに終わり、開幕10戦連続安打はならなかったものの、青木は好スタートを切れた要因を、「自分のペースで準備ができているから」と話している。

 昨季、ロイヤルズではワールドシリーズ進出に貢献しながら、起用法に胸を痛めた。ヨスト監督の方針で、試合終盤になると判で押したように代走や守備固めを送られた。青木は本紙インタビューでも「夜も眠れないくらい悩んだ」と明かしている。結果を追い求めるあまり、強引に引っ張りにいって凡退するケースも多々あった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る