好調ジャイアンツ青木 真価問われる「エース級」との対決

公開日:  更新日:

 昨季のチャンピオンチーム、ジャイアンツに移籍した青木親宣(33)の勢いが止まらない。

 14日(日本時間15日)のロッキーズ戦の五回に内野安打を放ち、開幕から9試合連続安打。06年のヤンキース・松井秀喜、07年のデビルレイズ(現レイズ)・岩村明憲がマークした日本人選手による開幕からの連続試合安打記録に肩を並べた。16日のロッキーズ戦は3打数で安打なしに終わり、開幕10戦連続安打はならなかったものの、青木は好スタートを切れた要因を、「自分のペースで準備ができているから」と話している。

 昨季、ロイヤルズではワールドシリーズ進出に貢献しながら、起用法に胸を痛めた。ヨスト監督の方針で、試合終盤になると判で押したように代走や守備固めを送られた。青木は本紙インタビューでも「夜も眠れないくらい悩んだ」と明かしている。結果を追い求めるあまり、強引に引っ張りにいって凡退するケースも多々あった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る