好調ジャイアンツ青木 真価問われる「エース級」との対決

公開日:  更新日:

 昨季のチャンピオンチーム、ジャイアンツに移籍した青木親宣(33)の勢いが止まらない。

 14日(日本時間15日)のロッキーズ戦の五回に内野安打を放ち、開幕から9試合連続安打。06年のヤンキース・松井秀喜、07年のデビルレイズ(現レイズ)・岩村明憲がマークした日本人選手による開幕からの連続試合安打記録に肩を並べた。16日のロッキーズ戦は3打数で安打なしに終わり、開幕10戦連続安打はならなかったものの、青木は好スタートを切れた要因を、「自分のペースで準備ができているから」と話している。

 昨季、ロイヤルズではワールドシリーズ進出に貢献しながら、起用法に胸を痛めた。ヨスト監督の方針で、試合終盤になると判で押したように代走や守備固めを送られた。青木は本紙インタビューでも「夜も眠れないくらい悩んだ」と明かしている。結果を追い求めるあまり、強引に引っ張りにいって凡退するケースも多々あった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る