• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ青木 球宴初選出のライバルは粒揃いの同僚選手

 オールスター(7月14日、シンシナティ)ファン投票のナ・リーグ第2回中間発表が2日(日本時間3日)行われ、ジャイアンツ・青木宣親(33)は101万2117票で前回と変わらず外野手部門の4位だった。

 前週は打率3割3分9厘、1本塁打と、好調だったことが追い風となり、今週も依然として好位置に付けている。このまま好調を維持すれば、メジャー4年目にして自身初の球宴メンバーに名を連ねる可能性も出てきた。

 もっとも、ナ・リーグの外野手には人気と実力を兼ね備えた選手が少なくない。ファン投票の外野手部門上位3選手との得票数にも開きがあるだけに、ライバルはナの外野陣よりも身内の野手か。

 青木のファン投票によるスタメン出場がかなわなければ、監督推薦や選手間投票、あるいは32番目の選手の候補に回るしかないものの、ジャイアンツの選手層は厚く、球宴に同一球団の選手ばかり出場するわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る