池ポチャで“仏頂面”の松山に苦言 「コメントもプロの義務」

公開日:  更新日:

【メモリアルトーナメント】(米オハイオ州ダブリン・ミュアフィールドビレッジGC=7392ヤード・パー72)

「メモリアルトーナメント」は、通算15アンダーで並んだデビッド・リングマース(スウェーデン)とジャスティン・ローズ(イングランド)によるプレーオフの末、3ホール目でリングマースがローズを下して米ツアー初優勝を遂げた。

 大会連覇を狙った松山英樹(23)は、最終日16番パー3で2年連続となる池ポチャ、ダブルボギーですべてがオジャンになった。

 16番グリーンは右手前から左奥へと曲がる細長い形状で、グリーンに寄り添うように手前には池が広がっている。ピンは左奥に立ち、距離は178ヤード。松山が手にしたのは9番アイアン。しかし、空高く上がったボールはグリーンに5ヤード近くも足りず、池に消えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る