球宴投票4位のジャイアンツ青木を古巣ファンが猛プッシュ

公開日: 更新日:

 ジャイアンツ・青木宣親(33)が依然として高い支持率をキープしている。

 オールスター(7月14日、シンシナティ)のナ・リーグファン投票第3回中間発表が9日(日本時間10日)に行われ、青木は外野手部門で169万6369票を集めて前回と変わらず4位だった。

 今季はリードオフマンとして昨季のチャンピオンチームを牽引。打率3割をキープし、走攻守にわたる活躍が地元ファンに評価されているようだ。

 米国内では有数の大都市であるサンフランシスコ市民からの得票もあるとはいえ、古巣のファンの後押しを受けているのも事実だ。

 昨季、ロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した青木はカンザスシティーのファンの間では依然として根強い人気を誇る。青木はロイヤルズで1年しかプレーしなかったとはいえ、球団が主催するチャリティー行事や交流イベントなどに積極的に参加した。街中でサインや記念撮影を求められても嫌な顔ひとつせずに気さくに応じるなどファンを大切にする姿勢がカンザスシティー市民から好感を持たれていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

もっと見る