日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木は安打量産なのに…それでも「球宴スタメン」困難なぜ?

 ジャイアンツ・青木宣親(33)が猛烈な勢いで安打を量産している。

 11日(日本時間12日)のメッツ戦は4打数2安打1得点。序盤に相手の先発左腕ニースを攻略し、3戦連続、今季24度目のマルチで打率を3割3分6厘に上げた。77安打はマーリンズ・ゴードン(88安打)についでナ・リーグ2位だ。目標とするシーズン200安打にも届きそうなペースだ。

 青木は9日に発表されたオールスター(7月14日、シンシナティ)ファン投票の第3回中間発表でナ・リーグ外野手部門の4位。このまま安打を重ねれば得票の上積みも期待できそうだが、上位3人との差は簡単には埋まらない。

 ナの外野手部門の上位はナショナルズ・ハーパー(打率3割2分8厘、20本塁打、47打点)、カージナルス・ホリデー(同3割3厘、3本塁打、26打点)、マーリンズ・スタントン(同2割4分9厘、22本塁打、55打点)の3人。いずれもパワーや勝負強さを備えた選手たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事