青木は安打量産なのに…それでも「球宴スタメン」困難なぜ?

公開日:  更新日:

 ジャイアンツ・青木宣親(33)が猛烈な勢いで安打を量産している。

 11日(日本時間12日)のメッツ戦は4打数2安打1得点。序盤に相手の先発左腕ニースを攻略し、3戦連続、今季24度目のマルチで打率を3割3分6厘に上げた。77安打はマーリンズ・ゴードン(88安打)についでナ・リーグ2位だ。目標とするシーズン200安打にも届きそうなペースだ。

 青木は9日に発表されたオールスター(7月14日、シンシナティ)ファン投票の第3回中間発表でナ・リーグ外野手部門の4位。このまま安打を重ねれば得票の上積みも期待できそうだが、上位3人との差は簡単には埋まらない。

 ナの外野手部門の上位はナショナルズ・ハーパー(打率3割2分8厘、20本塁打、47打点)、カージナルス・ホリデー(同3割3厘、3本塁打、26打点)、マーリンズ・スタントン(同2割4分9厘、22本塁打、55打点)の3人。いずれもパワーや勝負強さを備えた選手たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る