青木は安打量産なのに…それでも「球宴スタメン」困難なぜ?

公開日: 更新日:

 ジャイアンツ・青木宣親(33)が猛烈な勢いで安打を量産している。

 11日(日本時間12日)のメッツ戦は4打数2安打1得点。序盤に相手の先発左腕ニースを攻略し、3戦連続、今季24度目のマルチで打率を3割3分6厘に上げた。77安打はマーリンズ・ゴードン(88安打)についでナ・リーグ2位だ。目標とするシーズン200安打にも届きそうなペースだ。

 青木は9日に発表されたオールスター(7月14日、シンシナティ)ファン投票の第3回中間発表でナ・リーグ外野手部門の4位。このまま安打を重ねれば得票の上積みも期待できそうだが、上位3人との差は簡単には埋まらない。

 ナの外野手部門の上位はナショナルズ・ハーパー(打率3割2分8厘、20本塁打、47打点)、カージナルス・ホリデー(同3割3厘、3本塁打、26打点)、マーリンズ・スタントン(同2割4分9厘、22本塁打、55打点)の3人。いずれもパワーや勝負強さを備えた選手たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る