逆転3ランの日ハム矢野 「お立ち台」で巨人に痛烈“恩返し”

公開日:  更新日:

「ヨッシャー!」と絶叫しながら、ダイヤモンドを回った。14日のDeNA戦で日本ハムに移籍したばかりの矢野謙次(34)が逆転3ラン。0―1で迎えた六回の第3打席で代わったばかりの平田のスライダーを左翼スタンドに叩き込んだ。

 移籍後3試合で早くも2度目となったヒーローインタビューが興味深かった。

「今まで(巨人時代)だったら、あそこの打席に立っていなかったと思うんですよね。絶対に代打を出されて代えられていた。あそこで(打席に)行かせてもらえて、絶対に打ってやろうと」

 巨人時代、必ずしも出場機会に恵まれなかった男らしい言葉。図らずもある巨人ナインがロッテに敗れた試合後にこう言っていた。

「逆転3ランを打ったんでしょ? ちゃんと使ってもらえれば、それくらいの仕事は軽くやってのける選手ですよ」

 矢野の活躍と言葉に原監督は何を思ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る