逆転3ランの日ハム矢野 「お立ち台」で巨人に痛烈“恩返し”

公開日:  更新日:

「ヨッシャー!」と絶叫しながら、ダイヤモンドを回った。14日のDeNA戦で日本ハムに移籍したばかりの矢野謙次(34)が逆転3ラン。0―1で迎えた六回の第3打席で代わったばかりの平田のスライダーを左翼スタンドに叩き込んだ。

 移籍後3試合で早くも2度目となったヒーローインタビューが興味深かった。

「今まで(巨人時代)だったら、あそこの打席に立っていなかったと思うんですよね。絶対に代打を出されて代えられていた。あそこで(打席に)行かせてもらえて、絶対に打ってやろうと」

 巨人時代、必ずしも出場機会に恵まれなかった男らしい言葉。図らずもある巨人ナインがロッテに敗れた試合後にこう言っていた。

「逆転3ランを打ったんでしょ? ちゃんと使ってもらえれば、それくらいの仕事は軽くやってのける選手ですよ」

 矢野の活躍と言葉に原監督は何を思ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る