日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人が「トレード第2弾」画策 次なる標的はロッテの“元主砲”

 10日に生え抜きで人気もあったプロ13年目の矢野謙次(34)を日本ハムにトレードで放出した巨人。その余韻が冷めやらぬ中、球団は早くも「第2弾」となるトレードを画策しているという話がある。狙っているのは、12日から対戦しているロッテの“元主砲”大松尚逸(32)である。

 08年に24本塁打を放った左の大砲だが、ここ数年は若手野手の台頭もあって出場機会が激減。今季は一度も一軍に昇格していない。度重なる打撃フォーム改造の失敗で「終わった」との声もあるが、この大松を以前から高く評価しているのが何を隠そう原監督だ。

 ロッテのチーム関係者がこう言う。

「原監督は大松が不振に陥り始めた11年ごろから、ずっと大松の状態を気にかけていたと聞いています。2人は東海大の先輩後輩。球団同士でこれまでに何度かトレードの話もあったそうです。でも、大松はロッテ内でも一、二を争う人望の持ち主。一時は将来の球団幹部候補とまでいわれていた男なので、トレードの話はまとまらなかった。ただロッテも、ここ数年の本人の低迷を見かね、『一度、外に出して環境を変えた方がいい』という空気に変わりつつあります。原監督には自分の手でなんとか後輩を再生してやりたいという情もあるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事