原監督は坂本に不満…阿部、村田復帰で巨人「4番競争」激化

公開日:  更新日:

「(一軍に復帰する阿部と村田)2人がいてくれると大きい。坂本の4番? それはどうなるか。本人次第だね」

 17日、東京ドームで練習を行った巨人の原監督(56)はこう言った。

 現在の4番は主将の坂本勇人(26)。第82代として66試合中42試合で任されている。打率.266、5本塁打。そこへ、故障で離脱していた阿部慎之助(36)と村田修一(34)が19日の中日戦から復帰することで、坂本の打順降格を示唆。「4番競争」を打ち出したのだ。

 交流戦開幕前、「やっぱり長野、坂本。この2人は先陣を切りつつ、大将の役割もして欲しい」とキーマンに挙げていた指揮官はこの日、「キーマンと言った? 長野は最初は良かったんだけど。郡山の西武戦の本塁打は凄い当たりだった。でも、その後は地下に潜っちゃったね」と表現。打率.215の長野も坂本も、要するに物足りないということなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る