日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督は坂本に不満…阿部、村田復帰で巨人「4番競争」激化

「(一軍に復帰する阿部と村田)2人がいてくれると大きい。坂本の4番? それはどうなるか。本人次第だね」

 17日、東京ドームで練習を行った巨人の原監督(56)はこう言った。

 現在の4番は主将の坂本勇人(26)。第82代として66試合中42試合で任されている。打率.266、5本塁打。そこへ、故障で離脱していた阿部慎之助(36)と村田修一(34)が19日の中日戦から復帰することで、坂本の打順降格を示唆。「4番競争」を打ち出したのだ。

 交流戦開幕前、「やっぱり長野、坂本。この2人は先陣を切りつつ、大将の役割もして欲しい」とキーマンに挙げていた指揮官はこの日、「キーマンと言った? 長野は最初は良かったんだけど。郡山の西武戦の本塁打は凄い当たりだった。でも、その後は地下に潜っちゃったね」と表現。打率.215の長野も坂本も、要するに物足りないということなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事