打撃で貢献も…“4人目の外野手”イチローが守備に陰り

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手らしからぬ守備でチームの足を引っ張った。

 マーリンズ・イチロー(41)が10日(日本時間11日)のブルージェイズ戦に「9番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打1打点。五回2死一塁の場面で、相手の先発右腕コープランドから今季2本目となる中越えの適時三塁打。スタメン起用したジェニングズ監督の期待に応えたが、守備では精彩を欠いた。

 過去、10年連続でゴールドグラブを受賞した名手らしからぬ拙守が出たのは、2点を追う四回だった。先頭エンカーナシオンの本塁打性の当たりを追ったが、目測を誤ったこともあり、フェンスに激突。打球が転々とする間、決して俊足とはいえない打者走者に、やすやすと二塁への到達を許した。

 その後、マーリンズの先発右腕コーラーが2者連続本塁打を許して、この回3点を追加された。これにはイチローも「落下地点のイメージがズレた。到達地点を間違えました」と反省しきりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る