• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃で貢献も…“4人目の外野手”イチローが守備に陰り

 ベテラン外野手らしからぬ守備でチームの足を引っ張った。

 マーリンズ・イチロー(41)が10日(日本時間11日)のブルージェイズ戦に「9番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打1打点。五回2死一塁の場面で、相手の先発右腕コープランドから今季2本目となる中越えの適時三塁打。スタメン起用したジェニングズ監督の期待に応えたが、守備では精彩を欠いた。

 過去、10年連続でゴールドグラブを受賞した名手らしからぬ拙守が出たのは、2点を追う四回だった。先頭エンカーナシオンの本塁打性の当たりを追ったが、目測を誤ったこともあり、フェンスに激突。打球が転々とする間、決して俊足とはいえない打者走者に、やすやすと二塁への到達を許した。

 その後、マーリンズの先発右腕コーラーが2者連続本塁打を許して、この回3点を追加された。これにはイチローも「落下地点のイメージがズレた。到達地点を間違えました」と反省しきりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る