かつては微妙な関係…イチローと田中の初対決は“痛み分け”

公開日: 更新日:

 日本時間16日のマーリンズ─ヤンキース戦で注目された、イチロー(41)と田中将大(26)の初対決。「2番・中堅」で5戦ぶりにスタメン出場したイチローは一回、田中の甘く入った150キロの直球を捉え、一、二塁間を破る右前打を放つ。三回の第2打席は先頭で打席に立ち、低めの変化球を打ち損じながら、二塁への内野安打で出塁。ヤンキースのエース右腕から序盤の2打席でマルチ安打を記録したが、すぐさま返り討ちに遭う。

 同点で迎えた五回1死一塁の場面ではカウント1-2と簡単に追い込まれると、最後はこの日最速となる152キロの直球に手が出ず見逃し三振。1点をリードした七回2死二塁の好機では変化球を引っ掛けて遊ゴロに打ち取られた。

 田中は5勝目を狙ったが、7回を1本塁打含む9安打2失点で2敗目を喫した。田中は試合後、「完敗としかいいようがないですね」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

もっと見る