日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

落合さんから受けた珍マンツーマン打撃指導

 ナゴヤ球場での試合だったと思います。

 二塁を守っていた僕は一、二塁間を抜けるかという強い打球をダイビングキャッチ。そのままの体勢で一塁に送球し、アウトにしました。

 完璧なプレーや!

 その場に倒れたまま余韻に浸っていたら、「どこに投げてんだ!」と怒声が降ってきました。

 一塁の落合博満さんです。送球が少し横にそれたことが不満だったようで、まだ起き上がらないうちに強烈なボール回しの球が返ってきました。

 自分としては目いっぱいのプレーです。少しくらい送球が乱れるのは大目に見て下さいよ、とは思いましたが、こうした厳しさが僕を成長させてくれたのも事実です。

 二遊間でコンビを組むことが多かった、川相昌弘現巨人ヘッドコーチもそうでした。普段は温和なイメージのある川相さんですが、こと野球に関しては当時の巨人の中で最も厳しい人でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事