日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

大物FA選手落合さんのお世話ががりに

 1994年、巨人に超大物FA選手が入団しました。現中日GMの落合博満さんです。当時でもプロ16年目・40歳の大ベテラン。ようやく一軍に定着した入団4年目・22歳の僕など小僧っ子です。

 すぐに僕が落合さんの「お世話係」を務めることになりました。一軍には3歳年下でまだ19歳の松井秀喜もいましたが、こういう役目はいつも僕に回ってくるのです。

 シーズン中は、球場に着いたらすぐに落合さんのバットとグラブをベンチの所定の位置に並べることから始まります。ボール回しに使うニューボールをファーストミットに挟んでおくことを忘れてはいけません。落合さんにそうしろと言われたわけではありませんが、このボール回し用の球は東京ドームなら3イニングに1回、甲子園や広島など土のグラウンドの場合はイニングごとにニューボールに取り換えて落合さんに渡しました。僕なりの気遣い。自分で言うのもなんですが、妙に気が回る僕は、最高の「世話係」だったはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事