元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

大物FA選手落合さんのお世話ががりに

公開日: 更新日:

 1994年、巨人に超大物FA選手が入団しました。現中日GMの落合博満さんです。当時でもプロ16年目・40歳の大ベテラン。ようやく一軍に定着した入団4年目・22歳の僕など小僧っ子です。

 すぐに僕が落合さんの「お世話係」を務めることになりました。一軍には3歳年下でまだ19歳の松井秀喜もいましたが、こういう役目はいつも僕に回ってくるのです。

 シーズン中は、球場に着いたらすぐに落合さんのバットとグラブをベンチの所定の位置に並べることから始まります。ボール回しに使うニューボールをファーストミットに挟んでおくことを忘れてはいけません。落合さんにそうしろと言われたわけではありませんが、このボール回し用の球は東京ドームなら3イニングに1回、甲子園や広島など土のグラウンドの場合はイニングごとにニューボールに取り換えて落合さんに渡しました。僕なりの気遣い。自分で言うのもなんですが、妙に気が回る僕は、最高の「世話係」だったはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る