日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

どんどん野球が下手になっているんじゃないかと不安が募りました

 ひょんなことから、大スター杉良太郎さんの別荘で面倒を見ていただけることになり、生活環境は一変しました。しかし、肝心の練習環境はハワイに行った当初から決して恵まれていませんでした。

 練習のパートナーはトミーという大工さん。毎日、朝から夕方まで河川敷のグラウンドで練習はしていましたが、たった2人ではやれることも限られます。途中から、トミーの知り合いがいる草野球チームに入れてもらい、実戦経験を積めるようにはなったものの、相手も草野球チームですからね。どんどん野球が下手になっているんじゃないか、こんなことでプロに行けるのか、と不安が募る毎日でした。

 少しでも高いレベルで練習がしたいと思い、これも知り合いの紹介でハワイ大学の野球部に籍を置かせてもらったこともありましたが、監督も選手も「なんだこの日本人は?」という感じ。試合には一切、使ってもらえず、すぐに草野球に戻ることになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事