最下位オリで“派閥争い” 「次期監督」めぐり足の引っ張り合い

公開日: 更新日:

 一方が何らかのアクションを起こせば、対立する一派が足を引っ張る構図で、ラミレスの名前が突如監督候補に挙がったのも、この派閥争いの影響が大きいというのだ。あるチーム関係者は言う。

「現在チームの編成権を握っているのは瀬戸山本部長の方ですが、オフの大補強にもかかわらずチームが低迷中。オフには責任問題に発展しかねません。ラミレスを呼んだのはその瀬戸山さんのようで、少しでもチーム浮上のきっかけになればと必死なのです。監督候補として自らの手駒としたい思惑もある。対して村山さんらオリックスの生え抜き幹部は当然、反発していて、おそらく近々、別の監督候補を挙げて対立するとチーム内ではもっぱらです。いがみ合っている暇はないんですけどね」

 今季の低迷もフロントに一体感がないために、複数ポジションで選手がだぶつくいびつな大補強が原因といわれる。チーム浮上にはまず、フロントが一丸になることが先決である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る