最下位オリで“派閥争い” 「次期監督」めぐり足の引っ張り合い

公開日: 更新日:

 リーグ最下位に低迷するオリックスが水面下で早くも「お家騒動」を繰り広げている。

 事の発端は22日、ヤクルト巨人などで活躍したA・ラミレス(40)がオリックスの巡回アドバイザーに就任したことに始まる。

 ラミレスは現役時代から日本球界での監督を熱望。スポーツ各紙も一斉にオリックスの「次期監督候補」と報じた。オリックスは今月2日に森脇監督が休養。福良ヘッドコーチが監督代行として指揮を執っている。このオフには監督問題が勃発するため、ラミレスもソノ気になっているのだが、コトはそう簡単には進まない。

 オリックスのフロントは現在、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテで球団運営に手腕をふるった瀬戸山球団本部長率いる「瀬戸山派」と、宮内オーナーからの信頼が厚い元球団本部長で現プロ野球連盟担当の村山常務取締役率いる「村山派」がある。この両派が激しい派閥争いを繰り広げているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る