日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年前に監督代行経験 ヤクルト小川SDが語る「オリとの違い」

 休養した森脇監督に代わってオリックスの指揮を執るのが、それまでヘッド格だった福良淳一監督代行(54)だ。

 いまから5年前、同じヘッドコーチから、監督代行に就任してチームを救った人がいる。ヤクルトの小川淳司前監督(57=現シニアディレクター)だ。10年5月、高田監督の辞任を受けて借金19のチームを託されながら、シーズン終盤に借金を完済。最終的に貯金「4」で、CS争いにも加わった。小川前監督は当時、どのようにしてチームを立て直したのか。本人に聞いた。

――福良監督代行が指揮を執るオリックスは、小川SDが監督代行に就任した当時と状況が似ています。

「私の場合、監督代行になったのは本当に青天の霹靂でしたし、実際代行監督になっても何をすべきかがわからなかった。福良監督代行も大変だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事