5年前に監督代行経験 ヤクルト小川SDが語る「オリとの違い」

公開日:  更新日:

 休養した森脇監督に代わってオリックスの指揮を執るのが、それまでヘッド格だった福良淳一監督代行(54)だ。

 いまから5年前、同じヘッドコーチから、監督代行に就任してチームを救った人がいる。ヤクルトの小川淳司前監督(57=現シニアディレクター)だ。10年5月、高田監督の辞任を受けて借金19のチームを託されながら、シーズン終盤に借金を完済。最終的に貯金「4」で、CS争いにも加わった。小川前監督は当時、どのようにしてチームを立て直したのか。本人に聞いた。

――福良監督代行が指揮を執るオリックスは、小川SDが監督代行に就任した当時と状況が似ています。

「私の場合、監督代行になったのは本当に青天の霹靂でしたし、実際代行監督になっても何をすべきかがわからなかった。福良監督代行も大変だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る