5年前に監督代行経験 ヤクルト小川SDが語る「オリとの違い」

公開日: 更新日:

 休養した森脇監督に代わってオリックスの指揮を執るのが、それまでヘッド格だった福良淳一監督代行(54)だ。

 いまから5年前、同じヘッドコーチから、監督代行に就任してチームを救った人がいる。ヤクルトの小川淳司前監督(57=現シニアディレクター)だ。10年5月、高田監督の辞任を受けて借金19のチームを託されながら、シーズン終盤に借金を完済。最終的に貯金「4」で、CS争いにも加わった。小川前監督は当時、どのようにしてチームを立て直したのか。本人に聞いた。

――福良監督代行が指揮を執るオリックスは、小川SDが監督代行に就任した当時と状況が似ています。

「私の場合、監督代行になったのは本当に青天の霹靂でしたし、実際代行監督になっても何をすべきかがわからなかった。福良監督代行も大変だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る