5年前に監督代行経験 ヤクルト小川SDが語る「オリとの違い」

公開日: 更新日:

 休養した森脇監督に代わってオリックスの指揮を執るのが、それまでヘッド格だった福良淳一監督代行(54)だ。

 いまから5年前、同じヘッドコーチから、監督代行に就任してチームを救った人がいる。ヤクルト小川淳司前監督(57=現シニアディレクター)だ。10年5月、高田監督の辞任を受けて借金19のチームを託されながら、シーズン終盤に借金を完済。最終的に貯金「4」で、CS争いにも加わった。小川前監督は当時、どのようにしてチームを立て直したのか。本人に聞いた。

――福良監督代行が指揮を執るオリックスは、小川SDが監督代行に就任した当時と状況が似ています。

「私の場合、監督代行になったのは本当に青天の霹靂でしたし、実際代行監督になっても何をすべきかがわからなかった。福良監督代行も大変だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る