イチローが打撃不振深刻 レギュラー不在でもスタメン落ち

公開日: 更新日:

 マーリンズのイチロー(41)がサッパリだ。

 6月19日から30日まで20打席連続無安打。1日(日本時間2日)のジャイアンツ戦はついにスタメンから外れた。八回に代打で出場したものの、サードライナーだった。チームは6-5で勝利したものの、21打席連続無安打となった。

 正右翼手のスタントンが左手骨折で故障者リスト入り、6月26日から試合を欠場している。イチローはスタメン出場の機会が増えたにもかかわらず、結果が出ない。

 今週初めにはマリナーズの地元紙が、イチローをトレードで獲得したらどうかと提言。古巣周辺からラブコールを送られても調子は一向に上向かないのだから深刻だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る