日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「電光掲示板」を破壊! ソフトB柳田“度肝抜く飛距離”の源

 超ド級の一撃だった。

 ソフトバンクの柳田悠岐(26)が3日のDeNA戦で敵味方問わず、選手、ファンの度肝を抜いた。1点ビハインドの六回にDeNA先発の三浦からバックスクリーンにソロ弾。打った瞬間にそれとわかる打球はぐんぐん伸びて電光掲示板上部、DeNAの3番石川の名前が表示された真横に直撃したのだ。

 球場は騒然となり、打球が当たった箇所は電光掲示板のビジョン機能を“破壊”され、しばらく真っ黒のままだった。

 ヒーローインタビューでは「風が飛ばしてくれました」と話した柳田。確かに追い風は吹いていたものの、それにしてもの距離だった。ボールをピンポン球のようにスタンドに放り込む試合前のフリー打撃は選手の間でも「名物」となっており、この日も先に練習を終えたDeNAの選手たちがぞろぞろと出てきて、柳田の打撃を見守っていた。同じ年の梶谷などはバットをもらって感激していたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事