五輪追加有力「野球・ソフト」に“逆風”…鍵はパラリンピック

公開日: 更新日:

 20年東京五輪で追加種目として採用が有力視される「野球・ソフトボール」に逆風である。
 追加競技を巡っては、すでに東京五輪組織委が第1次選考で8競技を選定。今後は各団体からのヒアリングなどを行って候補を絞り込み、9月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に提案する。

 各競技とも国際競技団体(IF)を通じてIOC委員と接触し、ロビー活動を展開。中にはテレビ中継を意識して試合時間の短縮、ルール変更に踏み切るなど、採用に向けて必死のアピールを続けている。

 追加種目の採用要件については、テレビ視聴率を稼げたり、観客動員数が見込めるなど、さまざまな臆測が飛び交っているが、実は国際パラリンピック委員会(IPC)も重要な鍵を握っているという。

 IOCとIPCは数年来、障害者スポーツの普及、発展を目指し、これまで以上にパラリンピックの大会拡大を目指している。五輪の追加種目の決定に関しても「パラリンピックでも実施できること」が条件のひとつになっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る