日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪追加有力「野球・ソフト」に“逆風”…鍵はパラリンピック

 20年東京五輪で追加種目として採用が有力視される「野球・ソフトボール」に逆風である。
 追加競技を巡っては、すでに東京五輪組織委が第1次選考で8競技を選定。今後は各団体からのヒアリングなどを行って候補を絞り込み、9月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に提案する。

 各競技とも国際競技団体(IF)を通じてIOC委員と接触し、ロビー活動を展開。中にはテレビ中継を意識して試合時間の短縮、ルール変更に踏み切るなど、採用に向けて必死のアピールを続けている。

 追加種目の採用要件については、テレビ視聴率を稼げたり、観客動員数が見込めるなど、さまざまな臆測が飛び交っているが、実は国際パラリンピック委員会(IPC)も重要な鍵を握っているという。

 IOCとIPCは数年来、障害者スポーツの普及、発展を目指し、これまで以上にパラリンピックの大会拡大を目指している。五輪の追加種目の決定に関しても「パラリンピックでも実施できること」が条件のひとつになっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事