五輪追加有力「野球・ソフト」に“逆風”…鍵はパラリンピック

公開日:  更新日:

 20年東京五輪で追加種目として採用が有力視される「野球・ソフトボール」に逆風である。
 追加競技を巡っては、すでに東京五輪組織委が第1次選考で8競技を選定。今後は各団体からのヒアリングなどを行って候補を絞り込み、9月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に提案する。

 各競技とも国際競技団体(IF)を通じてIOC委員と接触し、ロビー活動を展開。中にはテレビ中継を意識して試合時間の短縮、ルール変更に踏み切るなど、採用に向けて必死のアピールを続けている。

 追加種目の採用要件については、テレビ視聴率を稼げたり、観客動員数が見込めるなど、さまざまな臆測が飛び交っているが、実は国際パラリンピック委員会(IPC)も重要な鍵を握っているという。

 IOCとIPCは数年来、障害者スポーツの普及、発展を目指し、これまで以上にパラリンピックの大会拡大を目指している。五輪の追加種目の決定に関しても「パラリンピックでも実施できること」が条件のひとつになっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る