二軍戦でも登板回避のソフトB松坂に相次ぐ「詐欺師」の声

公開日:  更新日:

 やらずぶったくりも、ここに極まれりだ。

 ソフトバンクの松坂大輔(34)が24日、予定されていた二軍戦(対広島)の登板を回避した。20日のオリックス戦から中3日。中継ぎとして3回を投げる予定でブルペンで肩を作ったものの、またしても右肩の違和感を訴えた。「試合前のキャッチボールも、ブルペンで投げたときも、あまり良くなかった。まだ、こういう状態なので、いいときも悪いときもあると思っていた」とは本人だ。

 肩、肘はそもそも万全ではなかった。昨年7月は右肘の炎症で故障者リスト入り。復帰後は消炎剤の注射を受けながら投げていた。

 それでも昨年12月、3年12億円でソフトバンク入り。メジャーが見限った右腕の値段がここまでつり上がったのは、おそらく巨人やDeNAとの争奪戦に発展したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る