• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二軍戦でも登板回避のソフトB松坂に相次ぐ「詐欺師」の声

 やらずぶったくりも、ここに極まれりだ。

 ソフトバンクの松坂大輔(34)が24日、予定されていた二軍戦(対広島)の登板を回避した。20日のオリックス戦から中3日。中継ぎとして3回を投げる予定でブルペンで肩を作ったものの、またしても右肩の違和感を訴えた。「試合前のキャッチボールも、ブルペンで投げたときも、あまり良くなかった。まだ、こういう状態なので、いいときも悪いときもあると思っていた」とは本人だ。

 肩、肘はそもそも万全ではなかった。昨年7月は右肘の炎症で故障者リスト入り。復帰後は消炎剤の注射を受けながら投げていた。

 それでも昨年12月、3年12億円でソフトバンク入り。メジャーが見限った右腕の値段がここまでつり上がったのは、おそらく巨人やDeNAとの争奪戦に発展したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る