早くも心配されている 広島・黒田「地元球宴」ほぼ当確の吉凶

公開日:  更新日:

「今年のオールスターは広島開催。間違いなくファン投票で選ばれるだろうが……」

 広島OBが心配顔でこう言った。

 22日のヤクルト戦に先発した黒田博樹(40)。今季の看板ともいえる右腕の球宴(7月17、18日)選出はすでに決まっているも同然だ。2戦目のマツダ開催時にはNPBが広島土砂災害復興支援の一環として、被災地の学童200人を招待する。黒田は昨オフ、現地を慰問していることもあり、子供たちに勇姿を見せることだろう。

 ただし不安もある。黒田は今月3日、右足首の炎症で登録を抹消された。15日のDeNA戦で復帰するも、移籍後最短となる5回4失点KO。「患部はいまだ完治していない」との声もある。

 チームは優勝候補と目されながら、今も最下位に低迷中。26日からは“鬼門”の交流戦がスタートする。昨季は首位で臨んだが、9勝15敗と大失速。優勝を逃す一因になった。黒田自身には、メジャーで7年間ローテを守り続けたプライドもある。「長いシーズン、いつも万全の状態で投げられるわけじゃない」とも話しているから、今後は少々のことでは戦列を離れないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る